• 化粧水って手でつける?コットンでつける?

    化粧水は手でつけたほうがいいのか、コットンを使ったほうがいいのか、あなたはどちらが多いですか?調べてみても、「手が良い」「コットンが良い」と、結論はバラバラです。
    いったいどちらが正しいのでしょうか。化粧品メーカーや美容家などの専門家によっても答えはさまざまで、いまだにそれぞれの主張を戦わせている、決着のつかない問題といえそうです。


    コットン派は、化粧水をしっかり吸収させることができるため、無駄がなく効率よく肌に浸透させることができる、と主張します。

    化粧水について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

    また、コットンは使い捨てなので衛生的、乳液をしみ込ませればパックとしてお肌のお手入れにも利用できる点をメリットとしてあげています。
    一方、手でつける派はどうでしょうか。



    手でつける派は、コットン代が浮くので経済的、手の温度で化粧水の浸透率がアップすると主張します。

    古くから「手当て」という言葉があるように、肌に直接手を触れることで、現在の肌状態を敏感に察知することができるメリットがあると主張します。



    お互いの言い分を見比べてみると、それぞれメリットがあることが分かります。
    どちらが良いということではなく、自分の肌の状態に合わせて、よりしっくりくるほうを選択すべきでしょう。
    例えば、少しの刺激にも反応してしまう敏感肌の場合には、手でつけるほうがよさそうです。

    結論としては、肌質がひとりひとり違うように、どちらが良いかも人によってさまざまである、といえるでしょう。